東京のクリニックで目頭切開をしました

奥二重の目をぱっちりさせるべく色々試していた

「奥二重の目をぱっちりとさせてみたい」と思ったことは一度や二度ではありません。
自分でいうのもおこがましいのですが、もう少し目が大きければもっとかわいいはずだと自負していました。
目を大きくするためにはいろいろな方法があります。
例えば、お手軽なものでいえばドラッグストアなどで購入することができる「アイプチ」を呼ばれるものです。
アイプチは、専用の液を目元につけてるだけで気軽に二重瞼を実現できることで、若い女性に人気があります。
私自身もやってみたことがあるのですが、なんとなく仕上がりが不自然なのが気になりました。
近くで見ると、目につけた液が透明色ではありますが目立つので、「アイプチをやっているな」をわかってしまうのです。
若いころならいざ知らず、この年になると、不自然さは余計に老けて見られてしまいます。

なんか東京のOLで美人だと思ってた人たちのアップしてる写真見てたらみんな普通に目頭切開とか二重とか鼻整形してるのに気づいてしまった。
都会はすごいな。
ちなみに私は鼻と歯の矯正がしたーいです💁‍♀️

— 税職かなこ (鉄人) (@k75_setagaya) 2019年5月19日
そんなこともあり、アイプチはいつの間にか使わなくなりました。
次に試みたのが、「まつ毛のエクステ」で、これはまつげをふさふさにすることで目を大きくみえさせる方法です。
まぶた自体は大きく変化はないものの、イメージ的には印象的な目元を演出することができます。
しかし、こちらも、毎月コストがかかるので主婦の私には継続するのが困難となりました。
「年齢的にも二重瞼にこだわるのはやめようかな?」と思い始めた私でしたが、仲良くして居たママ友達が「東京のクリニックで目頭切開をした」というのです。

奥二重の目をぱっちりさせるべく色々試していた | 東京のクリニックでの目頭切開を決意 | 術後数日は腫れがあったが見た目が若返った

目頭切開・東京 : 目頭切開 | 東京美容外科